事務所紹介

所長挨拶

 帳簿は何のために付けるのでしょうか。もし帳簿を付けていなければ、自社の経営状態を把握することができません。つまり儲かっているのか赤字なのか、その原因は何なのか、今後どのような経営戦略を打っていくのか、このようなことが判断できないのです。

 そんなことは私が申しあげるまでもなく誰でも知っていることです。

 では、帳簿に求められるものは何でしょうか。上記のことを考えれば、その正確性とリアルタイムな業績把握可能性だといえます。

 当事務所では、TKCの最新システムを使って、お客様に記帳をしていただきます。そして、原則月に一回、当事務所の担当者がお客様を訪問して記帳内容の確認や訂正、指導等を行い月次決算を行います。

 こうすることによって、月次決算に基づいた業績の検討が可能になります。さらに、お客様において記帳していただく事で、より正確な記帳ができ、日々変わっていく業績もシステム上でその都度確認することが可能となるのです。

 このように、次の打ち手を考える資料をタイムリーに提供することで、お客様の業績アップを後押しいたします。

 私たちは、必ずお客様のお役に立てるものと信じています。

   

所長 税理士 桑野統臣

事務所内

小さい事務所ながらも、明るい雰囲気を大切にしています。
どうぞお気軽にお越しください。

イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像